×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新聞報道より 07/12/23 朝日新聞


平成19年12月23日 朝日新聞 第27面より

 

【以下 記事文面】

07回顧 ― 長生郡市の合併協議
税金費やし また破綻


 古びた町役場――市民グループ「未来の上総一宮をつくる会」の会員玉川孫一郎さん (61)は11月、福島県矢祭町を訪れた。役場庁舎を見ながら子どものころに通った小学校舎 を思い出した。スリッパに履き替えて中にはいると、磨かれた床板が目に入った。
 玉川さんの地元、一宮町の庁舎は築40年。矢祭町より6年新しい。「建て直しはやむを 得ないと思っていたが、補強して使えるなら、と考え直した」という。
 一宮町を含む長生郡7市町村の合併協議が9月に破綻した。04年に続き2度目だ。玉川さ んは市民グループの一員として住民の目で協議を見つめてきた。茂原市13人、6町村各5人 ら44人の委員での協議会を傍聴するうち、協議会そのものへの疑問が出てきた。
 第1回協議会。「傍聴者の感想を募っては」と委員からの提案が賛成4人で否決された。 だが第2回協議会では採決せずに一転した。
 実は協議会前、7首長による会議で方針転換が合意されていた。首長の会議は非公開で、 議事録、録音もない。「つくる会」の要望で発言要旨の会議録は公開された。
 玉川さんは、一宮町生まれ。県職員になり、山武支庁職員、土地開発公社企業用地課長 などに就いた。都市部から引っ越してきた「新住民」が半数近い「つくる会」に途中から 参加。「『町や議員にお任せ』が町の“伝統”だったが、『みんなで考えよう』の呼びか けは波長が合った」
 2回目の破綻後の今年10月、同町でつくる会が検証の集いを開いた。
 玉川さんは壇上でマイクを握り、破綻の要因を分析してみせた。新市の基本計画(10年 間)に前協議会と同じ800億円の事業費が盛り込まれたのに、裏付けになる財政計画の事業 費は490億円。うち100億円は茂原市土地開発公社の債務償還だ。「10の収入に20使う仕組 みだった」
 矢祭町は01年、全国に先駆けて「合併しない宣言」をした町。議員報酬を月額制から日 当制に変えることで、議員人件費を3分の1以下に減らす取り組みも始まる。「人員削減は 合併の専売特許だと思っていたが、自立を目指す町の方が無駄を減らしている」。
 つくる会は「人件費を含め2協議会に2億円の税金が使われた」と試算する。2度の破綻 の教訓をどう生かすのか。模索が続く。


紙面の画像はこちら


新聞報道一覧 /  ホームへ

 

Copyright(C) 2007 未来の上総一宮をつくる会